人見知りを改善できない根本的な理由とは?






こんにちは。ハートストリングスの田中孝憲です!
能力アップトレーナー、NLPコーチング、交流分析士インストラクター、 産業カウンセラー、キャリアコンサルタント


《2018/04/20更新》

 

前回の記事の続きです。
http://ningen-kankei-up.com/hitomisiri/2015041502/

 

人見知りを改善できない理由は、

本をしっかり読んでいからではありません。

講座を真剣に聞いていないからではありません。

もちろん、サークルに入ることが間違っているわけではないです。

人見知りを改善できない根本的な理由は、
無意識で自分の性格を変えようと思っているからでした!

 

無意識だから自分では気づいていません。

その無意識で自分の性格を変えようと思っていることが、
間違った方向で努力してしまい
失敗に終わります。

会話は、
練習して身に付けることができる技能といえます。

雑談レベルの会話ならお互い
そこそこ通じ合えばいいだけです。

性格を変えることは難しいです。
ですので性格を変える必要はなかったのです。

無意識でも(意識的でも)
性格を変えようと思っているので

気軽な雑談や日常会話程度のことが
難しくなるわけです。

性格を変えることが
目的になってしまっていました。

 

雑談は気軽なものですが、
今まで悩んでいた人は
気軽に会話できないと思います。

悩んでいるから
気軽ではないという
悪循環になっています。

性格を変えないまま人見知りを改善できる方法が
『人見知り会話術』に書いてありました!

 

他人に知られずに、恥ずかしい思いをせずに人見知りを改善しましょう。

 

人見知り改善のテクニックを
教材人見知り会話術】としてまとめています。

詳しい内容はこ以下のページをご覧ください。

人見知りを改善して雑談・日常会話に自信を持ち自分から自然と話しかけたくなる【人見知り会話術】

人見知り会話術

 

 






コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ