職場のコミュニケーション:世の中は言葉で動いている

こんにちは。ハートストリングスの田中孝憲です!
NLPコーチング、カウンセリング、交流分析士インストラクター、 キャリアコンサルタント


コミュニケーションには
言葉による言語的な表現
言い方、口調、表情、目線などの非言語的な表現があります。

 

アメリカの心理学者アルバート・メラビアンは
表現効果に関する分析をしています。

それによると、

表現効果の総量=言葉(7%)+話し方(38%)+表情(55%)

このうち話し方と表情は、非言語表現です。

言葉の表現が7%であるのに対し、
話し方は38%、表情は55%もあるので、

言葉の意味と非言語表現が一致しないと、
言葉の意味と反対な意味に
受け取られてしまうことがあるということです。

 

無表情で冷静な顔で淡々とした話し方で
「あなたは凄いね」と褒められても、
言葉より非言語部分の意味が勝ってしまい
「本当に凄いと思っているの?」と疑問を持ってしまいます。

言葉以外の非言語的な表現(表情、口調、姿勢など)のほうが、
その人の言いたいことを表しているものです。

 

ですが・・・
言葉は論理的な部分が大きいです。職場のコミュニケーション:世の中は言葉で動いている

言ってしまったが最後、
言葉で物事が進んでいくのが世の中です。

ですので、自分の意見を正確に言葉にすることが必要になります。

また相手の言った言葉を正確に読み取る能力も必要です。

その上で、非言語的な部分を表情したり、読み取らないと
誤解やミスコミュニケーションが起こってしまいます。

 

「言わなくてもわかってくれるだろう」
という期待は込めずに
きちんと言葉で説明しなければという
姿勢が大切ですね。

 




《マインドフルネス》
【あるがままを受け入れる「今、ここ」の気づき】PDFレポートを
無料でプレゼントしています。




「今、ここ」の気づきを身につけていくと・・・
●心が落ち着きます
●直感が冴えてきます
●記憶力がアップします
●絶好のチャンスをゲットできます
●後悔することがなくなります

などたくさんのメリットがあります。
マインドフルネスをわかりやすく説明しています。
極秘スキルを無料公開!

こちらのページからご登録できます。
http://heartstrings-on.net/present/


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ