言い方がキツい上司・合わない上司に対処する3つの方法

こんにちは。ハートストリングスの田中孝憲です!
NLPコーチング、カウンセリング、交流分析士インストラクター、 キャリアコンサルタント


不運にも!?上司は選べない
言い方がキツい上司や
合わない上司に
対処しなければならないとき、

気持ちをおさめるために
まず知っておくべき方法
3つをお話します。

 

その1 言い方でなく、言っている内容を読み取る

とにかく言い方がキツく、乱暴なことを言われたら
言っている内容だけ読み取ってみてください。

「バカヤロー、こんなのもできないのか!」
と言われたのなら、

「今の君ではできない。」

とだけ意味を受け取って
「できない」という事実と劣等感はありますが、
上司からの罵声は感じなくなります。

人格を否定されるぐらいのことを言われたら
反論してもいいですが、

反論しても素直に聞く上司でなければ
余計なエネルギーを使うだけですので
その場では言われたあなたが紳士的に対処しましょう。

その2 遊び心で受け流す

キツい言い方をされたとき
まともに受け取ってしまうと
ストレスが溜まります。

真面目な人ほど素直で受容的ですので
キツい言い方をそのまま受け取ってしまいます。

しかも、言っている内容が正論で
当てはまっているときは
余計何も言えず受け取ってしまいます。

決して真面目、素直、受容的な性格を批判していません。
真面目、素直な性格は
とても尊重すべき性格です。

ですが、言い方がキツい上司の場合は
心の中で「はい、はい、また言ってますね」と
軽く受け流す程度にしてみましょう。

その3 仕事を”大義名分”にする

受け流すコツの一つとして
仕事を”大義名分”にして
仕事のためと割り切ってみる。

上司と部下というパワーバランスに注目するのではなく
仕事を良くするためとして
上司の話を聞いてみましょう。

言われたことを実行できるかなどの現実的な話しや
自分の意見を上申するには
また違うテクニックが必要になります。







レポートプレゼント!

《マインドフルネス》
【あるがままを受け入れる「今、ここ」の気づき】PDFレポートを
無料でプレゼントしています。




「今、ここ」の気づきを身につけていくと・・・
●心が落ち着きます
●直感が冴えてきます
●記憶力がアップします
●絶好のチャンスをゲットできます
●後悔することがなくなります

などたくさんのメリットがあります。
マインドフルネスをわかりやすく説明しています。
極秘スキルを無料公開!

こちらのページからご登録できます。
http://heartstrings-on.net/present/


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ