ミスコミュニケーションを予防するために知っておくべき5大要素






こんにちは。ハートストリングスの田中孝憲です!
能力アップトレーナー、NLPコーチング、交流分析士インストラクター、 産業カウンセラー、キャリアコンサルタント


言葉によるコミュニケーションは
どんなに正確に伝えようとしても
ミスコミュニケーションや誤解が
生まれてしまいます。

その原因となる5大要素があります。

  • 思い込み
  • 決めつけ
  • 先入観
  • 偏見
  • 差別

偏見や差別までいくと
言っている本人が気づいていなくても
かなり根深いです。コミュニケーション

これは話す人、聞く人の両者に当てはまります。

根拠のないところに
勝手な思い込みや決めつけがあると
事実を歪めてしまいます。

人の能力を
過小評価したり
間違った見方をしたりしてしまいます。

 

無意識のうちに
「自分はあなたと同じだろう」
「言わなくてもわかるだろう」
と勝手に思っています。

なぜなら相手が自分と同じなら安心できるし、
いちいち詳しく説明する手間が省けるからです。

無意識なので自分では気づいていません。

 

このようなミスコミュニケーションや誤解を防ぐには、
自分は他人とは違うから
言ったこと聞いたことは
間違って解釈したかもしれないということを
根底に意識しておくことが必要ですね。

だからといって
相手を突き放したり、
コミュニケーションを放棄したりする
ということではありません。






コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ