上司は、心配してるんじゃなくて疑ってる

ただ今記事の引っ越し中です。
ご覧のページが移行されていたら表示のページに移動してお読みださい。


「お前のことを思って注意してるんだぞ!」

と上司から叱られるときがあります。

ホントにそうなの?

 

上司

場合によっては、上司が自分の意見を通したいだけのときもあります。

「部下のことを思って」ということは
「部下のことを心配して」とも、とらえることができます。

 

でもどうでしょう?

中には心配してるんじゃなくて、「疑ってる」こともありそうです。

上司が部下との関係を上手く構築できず
疑っていることもあります。

 

一番大事なことはお互い確認し合うことです。

話して確認しないと事実、意見、気持ちがわかりません。

 

それを「たぶんこうだろう」「話すのが面倒くさい」など思って
確認せずにいるとすれ違いが起こり
仕事が進まなかったり、ミスが起こったりします。

情報のやり取りではなく、一方的な押し付けになっています。

 

特に上司が人間関係について苦手だと、
そういったお互いの情報のやり取りが円滑になりません。

ですので、上司も部下も人間関係が苦手とは考えず
情報のやり取りととらえて確認し合うことが大切です。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ