人間関係がホッとする5つの瞬間






こんにちは。ハートストリングスの田中孝憲です!
能力アップトレーナー、NLPコーチング、交流分析士インストラクター、 産業カウンセラー、キャリアコンサルタント


自分が相手を安心させてあげたい、信頼してもらいたいというときも
この逆をやればよいですね♪ホッとする瞬間

 

 

 

数名いる中でも相手が自分を見て話している

複数名いる中で、話す人がある程度自分を見ながら(というより皆を等しく見ながら)
話をしていると、自分の存在を認めてくれていることになるのでホッとします。

 

ながら返事をせず、手を止めて返事してもらえる

声をかけたとき、相手が作業中なら作業の手を止めて、顔を(できれば体ごと)自分に向けて返事してもらえるとホッとします。

 

うなずき、あいづち、言葉の繰り返し

うなずき、あいづちであなたの話を聞いているよという姿勢がわかります。
さらに話し手の短い言葉を繰り返すとより聞いてもらっているとわかります。

 

名前を言ってもらえる

「資料を仕上げてくれてありがとう。」
と言うのと

「●●さん、資料を仕上げてくれてありがとう。」
と言うのとでは、
言われた人の存在を認めれもらえたり、自分は重要だと思ってもらえるのでホッとします。

 

「ありがとう」の後にさらに一言付け足す

さらに、

「●●さん、資料を仕上げてくれてありがとう。」
と言うのと

「●●さん、資料を仕上げてくれてありがとう。とても助かりました。」
と言うのでは、
かなり相手から自分は重要だと思ってもらえるのでホッとします。






コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ