一日の疲れを一日で取る4つの方法

こんにちは。ハートストリングスの田中孝憲です!
NLPコーチング、カウンセリング、交流分析士インストラクター、 キャリアコンサルタント


一日の疲れは溜めこまず、一日で取りたいものです。一日の疲れを一日で取る
そのための4つの方法です!

「なんだ、こんなことか・・・」と思わず、基本的なことを実行することが大切です!

 

 

 

入浴

入浴は一日の疲れを取るのに最も有効です。
ぬるめのお湯にゆっくり浸かり、「全身に血液が行き渡ってるなぁ~」とイメージしながら体をほぐしてください。

 

 

ストレッチ

ストレッチで筋肉をゆっくり伸ばすことにより、固まった筋肉のコリをほぐすことで血流とリンパの流れが促進されます。
老廃物を積極的に流して疲れを取ります。

 

 

脚マッサージ

脚は心臓から遠く、重力に引かれるので老廃物やリンパ液が溜りやすいです。
積極的に脚マッサージをすることによって、老廃物やリンパ液を流し血流を高め疲れを取ります。

この時、単に脚の筋肉をほぐすだけでなく、脚の先から根元に向かって手で絞るように動かすことがポイントです。

 

 

深呼吸

深呼吸をすると、副交感神経の働きが促進し心も体もリラックスします。

後頭部を紐で吊られいる感じで背筋を伸ばし、
ゆっくり息を吐き切り、
(このとき悪いエネルギーが出て行くイメージで)、
お腹と肺いっぱいにゆっくり新鮮な良い空気を取り入れるように吸います。

呼吸に集中します。

息を吐き切らないと新鮮な空気が吸えません。

 

丹田式呼吸と呼ばれ
“へそ下“を鍛えて意識して呼吸し、
集中力を向上させることが有名です。

下腹部に集まっている神経が、
感情や意志に関連する脳幹(脳の器官)に
よく似た性質を持っているといわれています。

だから下腹部を鍛えると心身を安定させることになります。

 

是非試してみてください!







レポートプレゼント!

《マインドフルネス》
【あるがままを受け入れる「今、ここ」の気づき】PDFレポートを
無料でプレゼントしています。




「今、ここ」の気づきを身につけていくと・・・
●心が落ち着きます
●直感が冴えてきます
●記憶力がアップします
●絶好のチャンスをゲットできます
●後悔することがなくなります

などたくさんのメリットがあります。
マインドフルネスをわかりやすく説明しています。
極秘スキルを無料公開!

こちらのページからご登録できます。
http://heartstrings-on.net/present/


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ