メールよりSNSより電話を使おう~コミュニケーショントラブル

こんにちは。ハートストリングスの田中孝憲です!
NLPコーチング、カウンセリング、交流分析士インストラクター、 キャリアコンサルタント


近年、メールやSNSのコミュニケーションツールは進化しましたが、
コミュニケーションじたいは全然進化していません。

コミュニケーショントラブルが多発しています。5693f5e05b0b1f320c3057b9cf105a6e_s

 

 

 

文字や文章ですと誤解されて伝わることが多いです。

また、もっと簡略化して
FacebookやLINEでは返事がスタンプだけということもあります。

 

真剣な話をしている場合に
返事がスタンプだけってどいういう意味でしょうね?

何が言いたいのでしょうね?

 

自分の気持ち、考えをストレートに表現することが
はばかれる風潮ですが、
言葉で伝えなければわからないです。

 

いつまでもメールやSNSでやり取りしても
ラチがあかないので、
意味がわからなかったら、伝わらなかったら
電話で話すしかありません。

 

それでもわからなかったら直接会って話すことが最終手段です。

手間だから、面倒だから、電話だと相手の都合もあるし・・・
と横着していると一向に真意が伝わりません。

ここはひとつ
コミュニケーショントラブルが深刻にならないうちに
一手間かけて丁寧に電話という手段を使いましょう。

 

 

離職率改善、定着率アップの秘訣

《離職率改善、定着率アップの秘訣》

全5回ステップ式に上達!

カウンセラーが教える
従業員と信頼関係が深まる

キクを高める5つの基礎を

メールにて無料配信中


経営者・管理職・リーダーが、従業員の思いを聴くためのコミュニケーションスキル
【キクフルネス】をお話しています
お気軽にご登録ください。
配信解除は簡単にできますのでご安心ください。




都道府県

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ