社交辞令は必要?

こんにちは。ハートストリングスの田中孝憲です!
NLPコーチング、カウンセリング、交流分析士インストラクター、 キャリアコンサルタント


社交辞令というとあまり良くないという印象が多いでしょうか?

特に今の若い人では、社交辞令を使うことが苦手という方も多いようです。

15c9339bfaca9d5f58dc98a506def579_s

 

社交辞令は、人付き合いを上手くするための儀礼的な挨拶です。

価値観が多様化している人間社会で、
相手を傷つけずにお互いの関係を円滑にするための大人のツールです。

 

逆に子供が社交辞令を使っているとおかしいですよね。
子供は気持ちをストレートに表現するものです。

 

社交辞令は、「心がこもっていない」とか「軽薄だ」ということではありません。

ちょっとしたことに軽く「すごいですね」と褒めるのも、
お互いの関係を円滑にする挨拶程度の言葉です。

挨拶程度だからオーバーアクションする必要はありませんし、
相手も言葉以外の表情や声のトーンを読み取っているはずです。

 

私も好きなほうではありませんが、後から考えると無意識で使っていることがたくさんあります。

それだけ便利なものです。

ですが大人のツールなだけに使い方が難しいです。
挨拶の価値観も人それぞれ差があります。

 

あまりに問題がある嘘、空返事、大げさな芝居は、やめたほうがいいでしょう。

「また連絡します」ぐらいの返事はどうでしょうか?

これも人によりますが、挨拶程度に思う人もいますし、本気で思う人もいるので
多用するのは避けましょう。

 

また、社交辞令でメールアドレス交換もする必要はないと思います。

アドレス交換となるとお互いプライベートに入る余地が出てくるので、
それこそ社交辞令で断ることも大切です。

大人になると自分と他人は違うという一定の距離を置く必要がでてきますので、社交辞令をうまく使って自分を保ちましょう!

 

離職率改善、定着率アップの秘訣

《離職率改善、定着率アップの秘訣》

全5回ステップ式に上達!

カウンセラーが教える
従業員と信頼関係が深まる

キクを高める5つの基礎を

メールにて無料配信中


経営者・管理職・リーダーが、従業員の思いを聴くためのコミュニケーションスキル
【キクフルネス】をお話しています
お気軽にご登録ください。
配信解除は簡単にできますのでご安心ください。




都道府県

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ