「ありのまま」でいる必要はない

ただ今記事の引っ越し中です。
ご覧のページが移行されていたら表示のページに移動してお読みださい。


あなたの「ありのまま」は、どんなことですか?

私は自分の「ありのまま」は分かりません。
カウンセラーをやっていても分かりません。

 

「ありのまま」でいる必要はない

「ありのまま」でいる必要はないのではないでしょうか?

人は常にその時々の状況に合わせて
考えたり、行動したり、感情を感じています。

 

ありのままというと自分を制限しないで
やりたいことをやるようなイメージですが、
自分勝手になってはいけません。

 

他人を傷つけない配慮も必要です。

他人を傷つけない社会性を身につけて、自分の自由にできないから皆様悩むわけです。
社会のマナーやルール、社交辞令、人間関係は必要です。

 

また、いかにも自分をさらけ出さないといけないのでは?というニュアンスが含まれています。

 

自分の秘密をさらけ出すことではありません。

自分のことを話す内容は、状況や話す相手によって変わります。

他人には決して言えないことを持っているのが普通です。

 

中学・高校生など若い人では、不用意にさらけ出して上手く対処できなかったら、
いじめに遭う可能性もあります。

他人に話すときは必要なことを選択して話さないと、
プライバシーや個人情報をさらけ出すことになってしまいます。

自己開示は自分の責任ですることが大切です。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ