人間関係が中途半端な状態を止める方法

こんにちは。ハートストリングスの田中孝憲です!
NLPコーチング、カウンセリング、交流分析士インストラクター、 キャリアコンサルタント


人間関係が苦手な人の特徴 その5

人間関係が苦手な人の特徴のひとつとして
”中途半端な状態でいる”ことがあります。

人間関係が中途半端な状態

 

相手に合わせるなら合わせる、自分を意見を保つなら保つという
はっきりした意識の状態で対処できていないということです。

 

中途半端な状態である理由として

●自分の意見がはっきりわかっていない
●相手を傷つけないよう、いい顔をしようとしている
●原因は問わず、その場の状況でネガティブな感情を持っている
●対処方法がわからない
●今まではっきりした対処をしてこなかったので経験パターンがインプットできていない。単に慣れていない。

などが挙げられます。

それぞれ詳しいところまでは今回は触れませんが、
それだけ中途半端な状態は、自分の意思とは違う方向に流れてしまいます。

 

周囲の状況に合わせる柔軟さとは違います。

また、白黒はっきりさせたがる0か1かの両極端思考でもありません。

 

その中途半端な状態を止めるためには
自分の立場や役割をハッキリさせるとよいでしょう。

自分はどういう役割で相手に接しているのか?考えてみましょう。

 

部下なのか、上司なのか、同僚なのか。

部下だから意見できないわけではないですよね。
部下だとしたら、上司には敬った言葉遣いで提案することができます。
切り出し方がハッキリします。

自分が上司だったら、部下には上から目線ではない相手を尊重した言い方ができます。

 

このように自分の立場や役割を考えてみると
その場の状況に対処しやすいです。

 

離職率改善、定着率アップの秘訣

《離職率改善、定着率アップの秘訣》

全5回ステップ式に上達!

カウンセラーが教える
従業員と信頼関係が深まる

キクを高める5つの基礎を

メールにて無料配信中


経営者・管理職・リーダーが、従業員の思いを聴くためのコミュニケーションスキル
【キクフルネス】をお話しています
お気軽にご登録ください。
配信解除は簡単にできますのでご安心ください。




都道府県

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ