努力した甲斐を見せる

ただ今記事の引っ越し中です。
ご覧のページが移行されていたら表示のページに移動してお読みださい。


「これだけ努力したんだよ」ということを表現するのは大切ですね。

 

努力した甲斐を見せる

ある課題や問題を解決しようとしてもわからないとき、
部下が何も努力していないのに、
無条件に上司が教えるというのは
上司からしたら虫が良すぎると思うでしょう。

 

部下が何かしらの努力したことを
上司に伝えることも大事です。

 

「これだけ努力しても分かりませんでした」ということを
示すことができれば、
上司も「よし、そこまでやったのなら教えてあげよう」と
快く教えてもらえるかもしれません。

 

そのとき部下は、あくまで謙虚に伝えます。

 

何が必要だと考えてどんな行動をしたかを
話を整理しておきます。

 

それでも迷うことがあれば、
行動する前にその考えを上司に伝えてみるということも大切です。

行動してから実はリスクが高かった、時間がかかってしまった
なんてことがわかると効率も悪くなってしまいます。

 

そのためには簡単なロジカルシンキングをすると
予測して行動することができます。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ