ストレスに気づくには…ストレスに対する抵抗力

こんにちは。ハートストリングスの田中孝憲です!
NLPコーチング、カウンセリング、交流分析士インストラクター、 キャリアコンサルタント


カナダの生理学者ハンス・セリエ
ストレスという言葉を初めて使いました。

ストレスを引き起こす外からの刺激、原因をストレッサーということは
こちらのページでご説明しました。

セリエは、ストレス(ストレッサー)を受け続けたときの防御反応
下図のように変化するとしました。

 

セリエ ストレス

 

【警告反応期】

「ショック相」 ショックに対してまだ適応していない段階
「反ショック相」 積極的に防御している段階

【抵抗期】

ストレスが継続すると抵抗力を高め、ストレスとのバランスを保とうとします。

【疲はい期】

さらにストレスが継続すると、防御するエネルギーが減り抵抗力が低下します。
長時間この状態が続くと、心身ともにストレス反応があらわれます。

 

生きている限りストレスじたいは逃れられませんが、
早く「ショック相」「反ショック相」【抵抗期】に気づき
積極的に状況の改善や癒しをしていきましょう。

 

私も「ショック相」「反ショック相」に素早く気づいて
長引かないように対処しています。

 

勇気を持ってストレスに気づくことが大切です。

そのために自分の感情や身体感覚(イライラ、胸のモヤモヤなど)に気づけると
ストレスにも素早く気づくことができます。

 

離職率改善、定着率アップの秘訣

《離職率改善、定着率アップの秘訣》

全5回ステップ式に上達!

カウンセラーが教える
従業員と信頼関係が深まる

キクを高める5つの基礎を

メールにて無料配信中


経営者・管理職・リーダーが、従業員の思いを聴くためのコミュニケーションスキル
【キクフルネス】をお話しています
お気軽にご登録ください。
配信解除は簡単にできますのでご安心ください。




都道府県

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ