自分の感情を見つめる勇気・・・ニセ者の感情に気づく

こんにちは。ハートストリングスの田中孝憲です!
NLPコーチング、カウンセリング、交流分析士インストラクター、 キャリアコンサルタント


前回、
「ストレスが続いたり、
強い心配、不安、恐怖、ショックなどネガティブな感情があると
いつも楽しめていることが楽しめない」
とお話しました。

記事はこちら

 

自分の感情を見つめる勇気・・・ニセ者の感情に気づく

ストレスやピンチに早めに気づくには
自分を観察して、自分の感情を正直に見つめる勇気が必要になってきます。

この自分の感情を正直に見つめる勇気が
慣れていないととても難しいことかもしれません。

 

 

ニセ者の感情持っていることもたくさんあります。

社会的な見られ方を気にして
自分の本物の感情を押し殺していると
ニセ者の感情を使って刹那的に対処してしまいます。

 

例えば、
相手に嘘をつかれて怒りを感じたとき「怒りを感じることはいけない」と
抑えてしまうことです。

 

このとき、本物の感情は「怒り」で、”怒りを表現するかどうか”はその場の状況で判断しなければなりませんが、
怒りの感情そのものを罪として感じないように抑えてしまうことが問題です。

そして、「自分がいけないんだ」と思うと、ニセ者の感情を持ってしまうわけです。

ニセ者の感情を持つ理由は、長くなるのでいつかご説明いたします。

 

本物の感情とは、
交流分析(TA)という心理学では
「喜び、悲しみ、怯え、怒り」
の4つとしています。

 

他にもたくさん感情がありますが、
基本的な感情は上記4つと他いくつかに絞られてくるでしょう。

その基本的な感情を見つめる勇気が必要です。

 

離職率改善、定着率アップの秘訣

《離職率改善、定着率アップの秘訣》

全5回ステップ式に上達!

カウンセラーが教える
従業員と信頼関係が深まる

キクを高める5つの基礎を

メールにて無料配信中


経営者・管理職・リーダーが、従業員の思いを聴くためのコミュニケーションスキル
【キクフルネス】をお話しています
お気軽にご登録ください。
配信解除は簡単にできますのでご安心ください。




都道府県

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ