「自分らしく」が「頑固」にならないようにご注意を・・・

ただ今記事の引っ越し中です。
ご覧のページが移行されていたら表示のページに移動してお読みださい。


今はとかく「自分らしく」といわれます。

私のアメブロのタイトルにも
「もっと自分らしく生きる方法」
とつけているぐらいです。

でも「自分らしく」の意味を違ってとらえてしまうと大変です。

自分らしく

 

 

こんな人がいました。

 

A君というその人は自分では
行動的で自由、創造的、活発な性格である
と自覚しているようです。

少しアーティスト肌のところもあります。

それがA君の自分らしさだと周りの人も認めています。

 

あるとき共同作業する仕事がありあました。

ですが、A君は当然自分らしさを発揮しようとします。

そのA君らしさが強すぎると、
周囲と仕事するにあたって不都合になってきます。

自由、行動的、活発というA君らしい性格が
周囲を見ない自分勝手な性格になってしまうのです。

 

どんな性格にも良さがありますが、
周りの状況をみないと自分勝手、頑固、わがままになって物事が進みません。

自分らしく生きるとは
周囲を困らせてまで自分を出せというものではありません。

 

人間は周囲と調和をはかりながら生きる
社会的な能力も必要です。

 

ですので「自分らしく」をもっと適切にいうと、
「自分らしく環境に適応している」状態です。

状況に柔軟に変化しているということです。

「時の流れに身をまかせ」ながら自分を見ていると
自分らしく生きることができます!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ