「魚を与えるのではなく、釣り方を教えろ」はもう古いのか?

こんにちは。ハートストリングスの田中孝憲です!
NLPコーチング、カウンセリング、交流分析士インストラクター、 キャリアコンサルタント


釣り方を身につけて釣れる喜びを感じると、人は成長する

格言で

「魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えろ」

という言葉があります。

魚を与えればその場の空腹はしのげるが、魚をもらい続けないと生きていくことができません。

釣り方を教えないと自律して生きることができません。

 

魚を与えるのではなく、釣り方を教えろ

 

子育てや部下を持っている上司など、
役に立つ格言として長く言われています。

 

なかにはこの格言はもう古い、合わないという意見もあるようです。

もちろんこの格言だけで上手く人が育つわけではないので
そのことを言っているのでしょう。

 

現代の人の価値観は多様で、
釣り方を教えたところで、相手が魚ではなく別のものを欲しているかもしれません。

 

教える人、教わる人それぞれ理解のズレが生じて、
合う合わないなんてことが出てくるのが現実です。

 

でも、私はこの格言が好きです。

釣り方を身につけて釣れる喜びを感じると、人は成長するからです。

そんなに興味ない分野でも、丁寧に教わって出来る喜びを感じると嬉しいものです。

その成長する感覚を実感できることは大切ですね。

 

山本五十六の名言にも関連したものがあります。

「やって見せて、言って聞かせて、やらせて見て、
ほめてやらねば、人は動かず。

話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。
やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。」

(山本五十六.netより引用)

 

「人は育たず、人は実らず」のところに人の成長を感じます。

 

離職率改善、定着率アップの秘訣

《離職率改善、定着率アップの秘訣》

全5回ステップ式に上達!

カウンセラーが教える
従業員と信頼関係が深まる

キクを高める5つの基礎を

メールにて無料配信中


経営者・管理職・リーダーが、従業員の思いを聴くためのコミュニケーションスキル
【キクフルネス】をお話しています
お気軽にご登録ください。
配信解除は簡単にできますのでご安心ください。




都道府県

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ