真面目な人ほど、適度にサボるが大切!






こんにちは。ハートストリングスの田中孝憲です!
能力アップトレーナー、NLPコーチング、交流分析士インストラクター、 産業カウンセラー、キャリアコンサルタント


鬱になりやすい性格のひとつとして
”真面目”
という傾向があります。

あくまで傾向ですので、お気になさらずに。

 

むしろ私は「真面目で何が悪い」と思っています。

私は真面目さを尊びます。

真面目な人ほど、適度にサボるが大切!

 

でも、真面目にやるといっても
すべてにおいて上手くいくことはありませんよね。

そこで”適度にサボる”ことが活きてきます。

いい加減にこなしてサボることとは違います。

 

毎日腹筋100回やると決めて、
毎日やるのはもちろん結構です。

ですが、夜遅く疲れて帰って
「面倒くさいなー」とストレスを感じて、
きっちり100回やるぐらいなら、
1日ぐらいサボってもよいですよね?

100回やることでリフレッシュできるなら
やってもよいでしょう。

 

「ねばならぬ思考」ですと自分に負担がかかってしまいます。
真面目な人ほど、適度にサボることをお忘れなく。

 

それでも真面目にやりたいときは
真面目を武器として自覚して使いましょう。

そして、他人には真面目さを要求してはいけません。

自分が「真面目であるべき」と思っていると
つい他人にも真面目さを期待し要求してしまいます。

 

もし他人から「真面目だね~」と皮肉を言われても
気にする必要はありません。

真面目さを全力で受け止める許容のある人
周囲にいないだけです。

 

真面目な人が会社を経営しなきゃ
会社は潰れますし、従業員も雇えないわけです。

真面目な人が会社を経営しなきゃ
あなたも働けずにいるかもしれません。

 

真面目な性格=面白くない、ユーモアがないということではない
のでご注意ください。

お笑い芸人さんなどは、真面目な方が多いですよね。






コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ