コミュニケーションは勝ち負けでないから難しい

ただ今記事の引っ越し中です。
ご覧のページが移行されていたら表示のページに移動してお読みださい。


スポーツは勝利欲があれば追求できますが
コミュニケーション力をアップしたい人は、勝ち負けでないので
モチベーションが続きにくい性質があります。

それぐらい勝利欲は本能に近い欲なのでしょう。

コミュニケーションは勝ち負けでないから難しい

 

コミュニケーションは、
人と仲良くする社会的な欲求や集団に所属する欲求が「源」となりますが、勝利欲ぐらいハッキリしたものであらわれにくいものです。

勝利欲は、闘争心・競争心を刺激してあおるものですからね。

 

コミュニケーション力を向上しようとして、
事前に「ああしよう、こうしよう」と思っていても
いざ直面するといつもの自分の反応をしてしまう。

そして「思ったとおりのことができなかった」と後悔します。

 

そんな時、心の中で自分との勝負とすれば
意識も高まりいざというときに反応できます。

 

あの人と会話するときは、ペースに飲まれないように気を付けようと
なんとなく思っていてもいつもの自分の反応しかできません。

 

そこで自分との勝負だと思えば、実際の会話でも意識することができます。

当然、相手を傷つけずに自分の中だけの勝負です。
自分でゲームを楽しむぐらいの気持ちの方が面白いですね。

 

いつもの自分にならないような仕組みを作ってしまうことで
確実に自分を変えることができます。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ