第1印象で好かれるための3分咲きの笑顔


コミュニケーションの正体とは?



こんにちは。
ハートストリングスの田中孝憲です。

「カウンセリング、コーチングを活かした職場改善と、自動車メーカーなど機械設計エンジニアとして従事、各社で身についたノウハウを業務効率化に活用しています。」
《カウンセリング、コーチング、国家資格キャリアコンサルタント、元リストラがん患者》


前回の記事
「笑顔は口で笑うより、目で笑う」
はご覧になりましたか?

 

 

第1印象で好かれるための3分咲きの笑顔

第1印象を良くして好感を持ってもらうための一つとして
「3分咲きの笑顔」がちょうど良いです。

 

第1印象で無愛想で表情のない顔ですと損することは分かりやすいですが、
満面の笑顔でもないことがポイントです。

7分、8分の笑顔でもありません。

 

3分咲きがポイントです。

なぜ3分咲きか?

 

広角が上がるだけの1分咲きでは目が笑っていません。
3分咲きまでになると目が優しくなります。

誰でも受け入れる姿勢ができている表情になります。

歯が見えるほどの満面の笑顔だと、押し付けがましく見える人もいます。
相手が気持ち的に沈んでいる場合、満面の笑顔は負担になります。

やらしくなく、わざとらしくなく
笑顔に慣れていない人でも
3分咲きなら表現しやすいですね。

 

だから3分咲きの笑顔がちょうど良い具合です。

 

目で笑う話は、前回の記事
「笑顔は口で笑うより、目で笑う」をご参考になさってください。

そうなると「微笑み」は何分咲きでしょうね?



コミュニケーションの正体とは?



レポートプレゼント!

《マインドフルネス》
【あるがままを受け入れる「今、ここ」の気づき】PDFレポートを
無料でプレゼントしています。




「今、ここ」の気づきを身につけていくと・・・
●心が落ち着きます
●直感が冴えてきます
●記憶力がアップします
●絶好のチャンスをゲットできます
●後悔することがなくなります

などたくさんのメリットがあります。
マインドフルネスをわかりやすく説明しています。
極秘スキルを無料公開!

こちらのページからご登録できます。
http://heartstrings-on.net/present/


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ