【防衛機制】 合理化

こんにちは。ハートストリングスの田中孝憲です!
NLPコーチング、カウンセリング、交流分析士インストラクター、 キャリアコンサルタント


【防衛機制】 合理化とは?

何かもっともらしい理屈をつけて自分を正当化し、
不安や葛藤をやわらげようとすることです。

受け入れたくない現実を理由をつけてほかのものに責任転嫁したり、
自己中心的な理由付けをしたりします。

《例》

有名な『すっぱいブドウ』の例があります。欲しいブドウが高いところにあって手が届きません。そこで、「手の届かないところにあるブドウは酸っぱいブドウだ」と口実をつけることです。

【防衛機制】 合理化とは?

上司が自分の指示の悪さを棚に上げ、新入社員の思うように動いてくれないことに対して「近頃の新入社員は自分勝手だから仕方ない」と考える。

「もしかしてだけど~♪」のお笑い芸人・どぶろっくのネタも
合理化に近いですね(笑)

 

▼特集 防衛機制 トップページへ

 

離職率改善、定着率アップの秘訣

《離職率改善、定着率アップの秘訣》

全5回ステップ式に上達!

カウンセラーが教える
従業員と信頼関係が深まる

キクを高める5つの基礎を

メールにて無料配信中


経営者・管理職・リーダーが、従業員の思いを聴くためのコミュニケーションスキル
【キクフルネス】をお話しています
お気軽にご登録ください。
配信解除は簡単にできますのでご安心ください。




都道府県

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ