完全な男女平等は実現しない!?


コミュニケーションの正体とは?



こんにちは。
ハートストリングスの田中孝憲です。

「カウンセリング、コーチングを活かした職場改善と、自動車メーカーなど機械設計エンジニアとして従事、各社で身についたノウハウを業務効率化に活用しています。」
《カウンセリング、コーチング、国家資格キャリアコンサルタント、元リストラがん患者》


先日
【男性のためのセミナー】
参加してきました。

参加者は男性のみです。

 

主催が公的機関なので
チラシのほんの隅の目立たないところに
告知してありました。

でも見逃すことはありません。

 

 

日本では
まだ男女差別が根深いですが

制度的に、サービス的にみると
女性優遇が多かったりします。

 

「それって女性差別じゃん」
大きく言える風潮ですが

 

「それって男性差別じゃん」
言っても注目されません。
(じゃんって方言?)

 

 

というように
僕は不平等、不公平なケースに
気づいてしまいますが

研究の範囲内ですが
特化はしていないのでそっとしています。

 

男性にだって悩みはありますし

男性の生きづらさもあります。

 

社会的な期待のされ方も違います。

 

 

男性にできること、できないこと
向いてること、向いていないこと

 

女性にできること、できないこと
向いてること、向いていないこと

はあります。

 

▼以前メルマガで、私の幼少の頃は
いとこなど周りが年上の女性ばかりの環境で
育ってきた話をしました。

 

そのわりに

中高は男子校に通っていたので
両極端を経験して男女差がわかる
お話をしました。

 

さらに加えると
大学は工学部だから男性ばかり

ずっと技術職だったので周囲も
男性が多かったです。

 

だから
男女の本質的な差を知っておかないと
コミュニケーションは難しいですよ

ということで
無料でプレゼントしている【おすすめ本紹介レポート】でも
男女差の本を紹介しています。

http://heartstrings-on.net/present/

 

男女の本質的な違いを知ってくると

完全な平等は実現できないと考えることができます。

だってそもそも身体が違うのですから。

 

ですが違いを知って

できるだけ公平なルールを作ることはできます。

 

▼なんとなくでは
コミュニケーションは円滑になりません。

お互い配慮する必要があります。

なんとなくの【感覚】だけで行動していては
幼稚ですからね。

 

むしろ若い人のほうが
男女の平等観
持っているものです。

 

この記事をお読みのあなたは
どう思いますか?



コミュニケーションの正体とは?



レポートプレゼント!

《マインドフルネス》
【あるがままを受け入れる「今、ここ」の気づき】PDFレポートを
無料でプレゼントしています。




「今、ここ」の気づきを身につけていくと・・・
●心が落ち着きます
●直感が冴えてきます
●記憶力がアップします
●絶好のチャンスをゲットできます
●後悔することがなくなります

などたくさんのメリットがあります。
マインドフルネスをわかりやすく説明しています。
極秘スキルを無料公開!

こちらのページからご登録できます。
http://heartstrings-on.net/present/


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ