波長が合う人の特徴

こんにちは。ハートストリングスの田中孝憲です!
NLPコーチング、カウンセリング、交流分析士インストラクター、 キャリアコンサルタント


《2018/04/20更新》

俗に「波長が合う人」という言い方がありますね。

 

 

波長が合う人

何故だかわからないけど、
話しやすい、接しやすい、
気が合う、居心地が良い

などいえる人かと思います。

 

はじめは気が合って話していたけど
いつしか合わなくなる人もいます。

逆に、はじめは「この人とは合わなそうだ」と警戒して思っていたけど、
しばらくすると「意外と合う」と思う人もいます。

 

 

そんなことを踏まえて「波長が合う人」とはどんな人のことでしょうか?
簡単に挙げてみました。

  • 直感的に気が合う
  • 安心して話せる、聞ける
  • 話の間やタイミングが合う
  • 一緒に歩くときのテンポ、距離感が合う
  • 自分の秘密の話をしても馬鹿にされない

・・・などいろいろ出てきます。

 

ここで、話の内容が合うことは無くてもいいです。
それは、相手が知らないことでも丁寧に興味深く話せば、会話は弾むからです。

 

そんな「波長が合う人」を求めても良いでしょうか?

「波長が合う人」がいるとラクで楽しいですが、
すべての人に期待するわけにはいきませんね。

 

合わない人がいるから「波長が合う人」もいるわけです。
そこで大人の人間関係や付き合い方が必要になってきます。

ただ、「波長が合う」という言い回しは、
とても便利で都合の良い言葉ですね。

 

カウンセラーも相談者の考えていることなどを理解し共感する態度が必要で、
そのための技能は学問的にもまとめられていますが、
「波長が合う」という言葉が当てはまるかどうかは微妙です。

 

逆に、(また使ってしまいました)
自分から相手に「波長を合わせる」テクニックを持っていれば
自分も相手も「波長が合う」と思ってもらい、安心して話せるわけです。

 

そのテクニックを『人見知り会話術』としてまとめています。

性格を変えずに人見知りを改善して雑談・日常会話に自信を持ち
自分から自然と話しかけたくなります。

 

詳しい内容はこ以下のページをご覧ください。

人見知りを改善して雑談・日常会話に自信を持ち自分から自然と話しかけたくなる【人見知り会話術】




《マインドフルネス》
【あるがままを受け入れる「今、ここ」の気づき】PDFレポートを
無料でプレゼントしています。




「今、ここ」の気づきを身につけていくと・・・
●心が落ち着きます
●直感が冴えてきます
●記憶力がアップします
●絶好のチャンスをゲットできます
●後悔することがなくなります

などたくさんのメリットがあります。
マインドフルネスをわかりやすく説明しています。
極秘スキルを無料公開!

こちらのページからご登録できます。
http://heartstrings-on.net/present/


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ