ネガティブな感情を感じたときに効く対処

ただ今記事の引っ越し中です。
ご覧のページが移行されていたら表示のページに移動してお読みださい。


ネガティブな感情を感じたとき
一歩引いてこう見てみましょう。

 

「●●という感情を持っている自分に気づく」

 

たとえば腹が立ったときは、
怒っているという感情を持っている自分に気づく

ネガティブな感情を感じたときに効く対処

何か出来事が起こって
ある感情が湧くことは健全な感情ですが、
それを引きずるとますます悪化していきます。

ネガティブな感情を悪化させないためにも
一歩引いて自分を見る必要があります。

 

カウンセラーやセラピストに相談できる場があれば
一歩引いて自分を客観的に見ることができますが、
自分1人ではなかなか難しいですね。

また、考え方や信念を変えると
ネガティブな感情を感じなくなりますが、
いきなり考え方や信念を変えることは難しいです。

 

ですが、一歩引いて自分を見てみることは
すぐできます。

そんな一歩引いて自分を見るための方法として
「●●という感情を持っている自分に気づく」
という言い方をしてみましょう!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ