LINEの返事、返したつもりが忘れてた!






こんにちは。ハートストリングスの田中孝憲です!
能力アップトレーナー、NLPコーチング、交流分析士インストラクター、 産業カウンセラー、キャリアコンサルタント


SNSのトラブルでよくあるのが・・・

LINEだと既読無視とか

フェイスブックだと「いいね」押してもらえないとか

ありますね。

 

でも相手が意図的にそうしているのか?

悪意があるか?

まではわかりません。

 

追求もなかなかできません。

 

LINEなどは簡単にコミュニケーションしている錯覚になるので

「返事をしたつもりが忘れていた」

なんてこともあるわけです。

 

そんな相手がどう考えているかわからないところに
無駄に思いつめてしまう
SNS疲れはやめたいですね。

 

私はLINEは仕事では使っていますが、
プライベートでは使っていません。

LINEやフェイスブックなどのSNSは、
とても簡単にコミュニケーションできるツールです。

簡単だから誤解も生まれやすいです。

 

しょせんはその程度のツールなのだと
割り切るしかありません。

 

もっと大事な用事であれば
メールや電話、直接会って話すことが
誤解も生まれませんし、

それだけコミュニケーションは
文字以外の表情や声のトーンなどで
相手の意味を読み取る部分が多いのです。

 

参考記事

【非言語的表現】
http://ningen-kankei-up.com/category/higengo_hyougen/






コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ