仕事は「事に仕える」こと、職業に貴賤はなし

こんにちは。ハートストリングスの田中孝憲です!
NLPコーチング、カウンセリング、交流分析士インストラクター、 キャリアコンサルタント


《2017/10/13更新》

 

仕事は

「人に仕えること」ではなく

「事に仕えること」です。

 

「人に仕える」という姿勢だと
上下関係や組織争いができてしまいます。

 

サービス接客業でも
お客様に尽くしますが、
自分を犠牲にしてまで仕事することとは違います。

(私はすべての仕事がサービス業だと思います)

仕事

「事に仕えること」という姿勢であれば

自分にできることを相手にサービスする

自分にできないことは丁重に断って、相手に迷惑をかけません。

 

できないことをできると言って引き受けると
トラブルの元になります。

上下関係や組織争いができて利害関係になると
ハッキリ断れなくなります。

 

そこで、「事に仕えること」であると考えて
自分も他人も上手くいくことを考えましょう。

 

結局

正直に仕事をしている人が長く続き

信頼を得ます。

 

職業に貴賤はありません。

 

仕事を通じて
自分も周りも満たされることは
素晴らしいことだと思います。

 

職種によって、経営者や上司はどう考えるかわかりませんが
働いていて人間関係に疲れた人は

一時的に
「事に仕えること」と考えてはいかがですか?




《マインドフルネス》
【あるがままを受け入れる「今、ここ」の気づき】PDFレポートを
無料でプレゼントしています。




「今、ここ」の気づきを身につけていくと・・・
●心が落ち着きます
●直感が冴えてきます
●記憶力がアップします
●絶好のチャンスをゲットできます
●後悔することがなくなります

などたくさんのメリットがあります。
マインドフルネスをわかりやすく説明しています。
極秘スキルを無料公開!

こちらのページからご登録できます。
http://heartstrings-on.net/present/


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ