ストレスとは?


コミュニケーションの正体とは?



こんにちは。
ハートストリングスの田中孝憲です。

「カウンセリング、コーチングを活かした職場改善と、自動車メーカーなど機械設計エンジニアとして従事、各社で身についたノウハウを業務効率化に活用しています。」
《カウンセリング、コーチング、国家資格キャリアコンサルタント、元リストラがん患者》


職場、ご近所、友人、親戚などの人間関係、
長時間のパソコン仕事や仕事の重責、
低収入、病気、老化、など
数々のストレスが待ち受けています。

 

自分の中のなんだかわからない
モヤモヤ、イライラした嫌な感じが、
ストレスであることは
薄々気がついているかと思います。

 

また、自分でも気がついていないストレスを
持っていたりします。

ストレスが病気を引き起こしたり、
病気をさらに悪化させたりします。

 

ストレスとは何か?

 

人の心をゴムボールに例えます。

ゴムボールを外から手で押すと変形しますね。
この変形した状態のことをストレスといいます。

 

ストレスを引き起こす外からの刺激、原因をストレッサーといいます。
この場合”手”になります。

 

普段私たちが使っている「ストレス」という言葉は、
「ストレスの状態」と「ストレッサー」を含めて、
都合よく使っています。

手を離すとゴムボールは元の形に戻ります。
通常、元の形に戻ろうとする自己治癒力があります。

 

しかし、長時間変形した状態であったり、
ゴムボールが破れるぐらい強い力で押した場合
元の丸い形には戻りませんね。
自分ではなかなか治癒できない状態です。

ストレス図2

そこで専門家に相談して、
積極的に治す必要がでてきます。

 

ストレスを引き起こす原因(ストレッサー)は
いくつもあります。

 

ストレッサーの種類

●物理的ストレッサー
気温、湿度、騒音、悪臭など

●化学的ストレッサー
栄養不足、薬物による刺激など

●生物学的ストレッサー
ウィルス、細菌、病原菌など

●精神的ストレッサー
人間関係、精神的苦痛など
複雑で人により全く違った原因です。
物理的ストレッサー、化学的ストレッサー、生物学的ストレッサーが深刻になり、さらに精神的ストレッサーを引き起こすこともあります。

 

自分の中のなんだかわからないモヤモヤ、イライラした嫌な感じ
それを通り越して、強烈に胸が締め付けられるような苦しい感じ
など、

人によってストレスはいろいろあります。

 

それ自体は仕方ありません。

問題なのは放っておくことです。

早期に気づいて対処することが大切です。



コミュニケーションの正体とは?



レポートプレゼント!

《マインドフルネス》
【あるがままを受け入れる「今、ここ」の気づき】PDFレポートを
無料でプレゼントしています。




「今、ここ」の気づきを身につけていくと・・・
●心が落ち着きます
●直感が冴えてきます
●記憶力がアップします
●絶好のチャンスをゲットできます
●後悔することがなくなります

などたくさんのメリットがあります。
マインドフルネスをわかりやすく説明しています。
極秘スキルを無料公開!

こちらのページからご登録できます。
http://heartstrings-on.net/present/


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ