社交辞令が楽しくなる考え方






こんにちは。ハートストリングスの田中孝憲です!
能力アップトレーナー、NLPコーチング、交流分析士インストラクター、 産業カウンセラー、キャリアコンサルタント


社交辞令でもウソつかない

【社交辞令】
人間関係を円滑にするために
必要で大切なものです。

 

  • はじめて会った人との挨拶
  • 親しき仲にも礼儀あり
  • コミュニケーションマナー

として知っておきたいことです。

 

「本音と建前」が違うという意味でとらえていると

つい疑ったり
面倒くさがったりして
社交辞令がつまらなくなりますが

 

社交辞令が楽しくなる考え方
お話します。

 

それは・・・

ウソではない本当のことだけど
100%全力というわけではない

ものだということです。

 

私は
別れ際、気軽に「また連絡します」と言われて
社交辞令だとわかっていても

本気にして
「あれ、連絡こないな」
と思ってしまうほうです。

 

 

普通にウソをついちゃう人は
問題外ですが
(ワザとではないとわかっていても)

何気ない社交辞令でも
ウソは言わないようにしています。

 

だから私が
社交辞令を言うときも
人を褒めるときでも
ウソは言っていません。

 

でも
いつも100%全力
というわけではありません。

30%で褒めるときもあるし
70%で褒めるときもあります。

 

毎回全力だと
【松岡修造さん】みたいに
熱くなってしまいます。

 

では
絶対完全にウソつかないかというと

絶対ということはありえないので
そこは社交辞令として
おおらかに見てください♪

 

 

ましてや私は
気さくで人当たりが良いわけではないので
挨拶が地味になったりすることもあります。

 

社交辞令のマインドは

ウソではない本当のことだけど
100%全力というわけではない

と思っていると便利です。

 

逆に
社交辞令でもウソつかない人だとわかれば
信頼が増します。






コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ